全景(3)

広い敷地を使いやすく分割!
シンプルで機能的なエクステリア

四街道市で承った、新築エクステリア工事です。
シンプルですが、使いやすさと過ごしやすさにこだわったエクステリア&ガーデンプラン。今後の広がりも楽しみなエクステリアとなりました。
 
 
門周り完成写真2
宅配ボックス付!斜めに設置するだけで格段に使いやすく

K様邸には昨今人気の宅配ボックスを設置しております。新型コロナの影響で置き配も一般化しました。そんな状況下ではやはり宅配ボックス付外構は今後のスタンダードになりそうです。

そんな宅配ボックスですが、今回はスペースに余裕があるため、アプローチに対して斜めに振って設置。
ほんの少しの工夫ですが、宅配の方も受け取るお施主様も出し入れが楽になります。

そして、隣に設置されている機能門柱と、シンボルツリー(ホンコンエンシス)も角度を合わせて斜めに設置。こうすることで、一体感が生まれデザイン性がアップします。
アプローチ完成写真2
アプローチを際立たせて高級感を演出

駐車スペースはコンクリート打ちが最もポピュラーですが、平坦な印象になってしまいがちなのも否めません。ですから、人の歩くアプローチにはこだわりたいところです。

そんなアプローチに今回使用したのは、東洋工業のプラーガペイブ。砂岩調の平板は、自然なムラがあり高級感のある質感を演出してくれます。土間コンクリートに比べ、濃い色合いなので足跡の汚れも目立ちにくい仕上げです。

そして、今回のアプローチは距離が長いので、飽きがこないようアクセントとして芝の目地を入れました。


どう過ごそうか!?夢が膨らむ広いお庭
 
人工芝完成写真
駐車スペースのお隣は、しっかりと確保されたお庭スペース。
どう過ごそうかと夢が膨らむ広々とした空間です。そして、見るも鮮やかな青々とした芝生での仕上げ。

実はこの芝生、人工芝(ユニオンビズ メモリーターフ)なんです。昨今の人工芝は大変リアルな仕上がりで、弊社でもここ数年かなりの定番仕上げとなって参りました。

人工芝のメリットは、何といっても基本的にメンテナンスフリーであること。
初期費用は天然芝よりもかかってしまいますが、後々を考えると人工芝を選ばれる方が非常に多くなっています。



囲うところはしっかりと目隠しフェンスで囲う!
 
全景2
広いお庭も、お庭やリビングルームの快適さをアップしてくれるウッドデッキも、プライベート空間として護られていることが重要です。

ですから、K様邸でもお庭とウッドデッキまわりはしっかりと目隠しフェンスで囲っています。
特にリビングの延長でもあるウッドデッキ前には、高い目隠しフェンスを設置し、外部からの視線を遮断。

ちなみにウッドデッキも目隠しフェンスも、人工木材を使用した製品を使っています。
ウッドデッキはLIXILの樹ら楽シリーズ、そして目隠しフェンスはF&Fのマイティ―ウッド。
どちらも耐久性に優れ、ささくれ立つこともないので、はだしでも安心して過ごすことができるアイテムです。


ご提案図面
 
ClipboardImage
ClipboardImage

新築時のエクステリア・外構工事に限らず、お庭のリフォーム・メンテナンスももちろん承ります。
お気軽にご相談下さい!



tweet!! この記事をTwitterでつぶやく