20171211_1141_13_0497w1000_h667

開放感を保ちつつ
適度にプライベート空間を確保したお庭にリフォーム

地元の佐倉市でお庭のリフォーム工事を承りました。
 
Before|After


着工前
完成全景(外観)
広いお庭スペースがありつつも実用面で改善の余地がある状態でした。 目隠しの追加、そして人工芝を取り入れた快適に「過ごせる」お庭へ大変身!
完成全景(内観)

砂利と芝が織り成すコントラストが美しいお庭


面積が広ければ広いほど、単調な印象になってしまいがちな床面は素材と色の違いでデザイン性を高められます。

今回は砂利と芝でデザイン。砂利敷のエリアは円形にかたどることで柔らかい印象に仕上がりました。

また、この砂利エリアはどうしても移設できないマス(マンホールの様なもの)の存在をさりげなくカモフラージュする効果も狙っています。

人気です!復元力の高い人工芝
 
人工芝(1)
人工芝
今回のプランで採用した人工芝は「メモリーターフ」。
歩行などの圧縮で倒れてしまっても、高い復元力で元に戻ってくれる素晴らしい特性を持った人工芝です。

初期費用は天然芝に比べて高くなってしまいますが、以下のメリットで昨今人気を博しています!

  天然芝のベストな状態をリアルに再現
  雑草が生えてこないので基本的にメンテナンスフリー
  感触も良く、お子様が裸足で遊べる

角度がポイント!アルミスリット
 
アルミスリット
完成全景(内観2)
道路からの視線対策には、開放感を損なわずに視線を遮る効果の高いアルミスリットを採用。
左の写真をご覧いただいて分かる通り、今回は一本一本の角柱を45°回転させて埋め込みました。
こうすることで、スリット群を一枚のフェンスとして考えた時、立体的な印象となりデザイン性が高まります。

また、こちらも単調な印象にしないための対策として2本だけスリットの色をブラウンに。
スリットの後ろに植えたシンボルツリー(ソヨゴ)の成長も楽しみです!

ご提案図面
完成イメージ図

新築時のエクステリア・外構工事に限らず、お庭のリフォーム・メンテナンスももちろん承ります。

お気軽にご相談下さい!



tweet!! この記事をTwitterでつぶやく