千葉県佐倉市で、お庭のリフォーム工事を承りました。

草取りや芝管理が大変だったスペースが、メンテナンスフリーで使いやすい、美しい色彩のお庭へと生まれ変わりました。
施工前の様子。
晴れた日には芝の上で、お洗濯ものやお布団を干したいものですね。
芝の管理には草取りがかかせず、それも芝のお庭の楽しみのひとつでもあります。
でも、忙しい方にとっては楽しみよりも苦労が勝ってしまうことも…。

今回のお施主さまのご要望は、「雑草対策をしてほしい」とのこと。
通路になっていた軒下の部分には、樹脂製の広いデッキを設け、新しく通路となるスペースには、人工芝を敷きこみました。
デッキも芝も管理が楽なローメンテナンス製品。
防草処理を施した広い人工芝のスペースで、お施主さまの除草手間を楽に。

人工芝は管理は楽ですが、これだけではドライな印象になってしまいます。
そこで境界沿いに、こちらもまたメンテナンスの楽な常緑樹とカラーリーフのコニファーと宿根草の花壇を設け、お庭に鮮やかな色彩をプラスしました。
デッキはおなじみ、楽々メンテナンスのLIXILの樹脂製ウッドデッキ「樹ら楽ステージ」。
広いスペースでも重たく見えない、明るいベージュ色のクリエペールです。
これで泥はねや土埃を気にすることも無く、お洗濯やお布団を干せますね。

このデッキはお家とお庭を繋ぎ、リビングから和室までを屋外からも繋ぐ、青空の下の大空間になっています。
広さが自慢のこちらのデッキのもうひとつのポイントは、どこからでも降りられる階段状のフラットステップです。
通常の部分的なステップよりも高価ですが、段差を低く抑えて安全性を高め、またお庭との繋がりも自然で見た目もよく、おすすめです。
隣地との境界沿いに設けたボーダー花壇。
ふんわりと目隠しをしてくれる常緑の実生りのソヨゴの足もとには、丈夫なコニファーを植えました。

「ゴールデンモップ」の明るい黄色と、「ブルーパシフィック」の青緑の葉色のコントラストを一年を通して楽しむことができます。
這い性のブルーパシフィックが育って、今よりもっと芝と馴染んでくれるのも楽しみです。
春から秋まで明るい葉色を楽しめる斑入りヤブランは、夏に紫のかわいらしい花穂がつく丈夫な宿根草。庭に明るさをプラスしてくれます。

そして千葉では地植えも可能なニューサイラン。剣のようなシャープな印象の葉とその赤い色は、景色をキリッとかっこよく引き締めてくれます。
それぞれの葉の色彩のコントラストが美しい、ローメンテナンスなカラーリーフ花壇です。
思わず寝転びたくなるような、自然な人工芝の質感。

目指したのは、単に管理が楽なだけではない、使いやすいお庭、
そしてそこに出ることが楽しみになるような、美しく、憩えるお庭です。

完成度の高いカラーリーフ・ガーデンへとお庭が美しく生まれ変わって、お施主さまもとても喜んでくださいました。

ご提案図面
完成予想図・全景

新築時のエクステリア・外構工事に限らず、お庭のリフォーム・メンテナンスももちろん承ります。
お気軽にご相談下さい!




tweet!! この記事をTwitterでつぶやく