2

お手入楽々!
腐らないウッドデッキ&雑草対策したお庭
 
全景2
地元佐倉でお庭のリフォームを承りました。
既存植木の撤去と、家族で楽しめてお手入が楽なお庭にしたいというご要望です。
今回のガーデンリフォームは雑草対策と手間のかからない植木での植栽計画、そして傷みにくい材料を使用するといった部分がポイントになります。

腐らないハードウッド(イペ材)を使用
 
全景1
 

ハードウッド リット1
お庭での定番アイテムのウッドデッキやウッドフェンス、天然木を使用した場合耐久性が課題になります。そんな課題をクリアできるのはイペ材などの腐らないハードウッドです。
今回はこのイペ材をウッドデッキと目隠しフェンス(写真手前)に贅沢に使用しました。
イペ材は木目の美しさも特徴なので、外から目につきやすい目隠しフェンスにオススメです。また風雨にさらされても毛羽立ちなどがありませんので、肌が触れるウッドデッキにも最適です。

イペ材の見栄えに引けを取らない樹脂ボードフェンスもミックス
 
ボードフェンス
隣地との境界には樹脂ボードの目隠しフェンスを設置。こちらも腐りませんのでお手入簡単です。
イペ材に比べてお手頃な樹脂製の木調部材も質感が良くなっており侮れません。すべてを高級部材で施工するのではなく、ポイントを抑えて材料を使い分けます。

テラスで舗装部分を広く設ける
 
お庭内の舗装されたスペースは、例えばテーブルやイス、バーベキューコンロなどを置くなど活動をするうえで大変便利です。
また、舗装されているので当然雑草も生えてきません。
今回はタカショーのタイルで仕上げたナチュラルかつモダンな雰囲気のテラスに仕上げました。

防草シートは砂利で隠す!
 
近景1
雑草対策にはお庭に防草シートを仕込むことが必須になります。そして、シートを見栄えよく隠してくれるのが砂利やウッドチップです。

今回はウッドと自然に調和する茶系の砂利を敷き込みました。

また、歩きやすいように300角の平板を飛び石として設置しています。

おしゃれな水栓がデザインアクセントに
 
立水栓
近景2
ごくシンプルな立水栓ですが、柱をウッド調にするだけで今回のお庭ととてもマッチします。
水を受けるパンは水鉢風のデザインでナチュラルモダンな雰囲気にぴったりです。

ご提案図面
ClipboardImage


新築時のエクステリア・外構工事に限らず、お庭のリフォーム・メンテナンスももちろん承ります。

お気軽にご相談下さい!



tweet!! この記事をTwitterでつぶやく