建物周りにあるコンクリートを「犬走り」といいます。
なぜそう呼ぶのかはわかりませんが、家の周りは雑草が生えたり
ホコリがたまったりするので、コンクリートを打つと掃除がしやすく
物も置きやすくなります。今回は近隣のマンション工事で割れた
コンクリートを壊して、新たに犬走りコンクリートを施工しました。
今回は、千葉県市川市行徳で作業させていただきました。


NiwaNaviImage
施工前の現状写真です。中央に大きなひび割れがあります。
NiwaNaviImage
ここから雨水が浸入し草が生えたり、段差が生じたりして不便な状態でした。
NiwaNaviImage
まずは、古いコンクリートを
壊す作業からです。狩ちゃん
が振動ドリルでコンクリートを
壊しているところです。
NiwaNaviImage
こちらは、丸ちゃんが「大ハン
マー」でコンクリートをこわして
います。力作業なので無理し
ないでね。
NiwaNaviImage
壊したコンクリートの残骸
を集めて、トラックに載せ
る前の写真です。
NiwaNaviImage
古いコンクリートが完全
になくなりました。ここか
ら新しいコンクリートを
打つ準備です。
NiwaNaviImage
下地とコンクリートの間に
ワイヤーメッシュ(割れ止
めの鉄筋)を並べたところ
です。
NiwaNaviImage
奥からコンクリートを打ち
込んでいます。丸ちゃん
は左官仕事も出来るので
とても助かります。
NiwaNaviImage
3日後、コンクリートが乾い
てきれいに仕上がりました。
これで作業完了です。


tweet!! この記事をTwitterでつぶやく